英会話をするときに意見を求めたいのに、なんて言えばいいかわからないときってありませんか?今日は意見を求めるための疑問文を紹介します。

 

定型文を覚えてしまえば、いくらでも質問することが可能になるので、音読して覚えてしまいましょう!

 

今日は、「スキー」についてどう思う?ってときの疑問文を紹介します。

 

  • What do you think of skiing?(スキーについてどう思う?)
  • How do you feel about skiing?(スキーについてどう感じてんの?)
  • Would you try skiing?(スキーやってみたくない?)
  • Do you think ski is fun?(スキーって面白いと思わない?)

 

What do you think ofやHow do you feel aboutは、「〜はどう思う・感じる?」など相手に意見を求めるときによく使う言葉なので、フレーズごと覚えてしまうといいでしょう。

 

Would youは、「〜する意思はありますか?」という意味で使われています。ちなみにWouldの現在形であるwillは、

 

I will do it for you(私はあなたのためにそれをします)

 

と何かをする意思があることを示しています。

 

Do you think ski is fun?がちょっと厄介で、Do you think+主語+動詞となります。主語が疑問文になる場合は、主語+do you think+動詞となり、主語が先頭にきます。この場合、What do you think is fun?となります。

 

それでこれまで述べてきた疑問文に対しての答えは、

 

  • I think it’s fun and exciting(面白そうだし、わくわくしそう)
  • I think it’s fun but dangerous(面白そうだけど、危険そう)
  • I don’t think it is fun(楽しいとは思わないなあ)
  • it looks fun(楽しそうに見える)
  • It seems fun to me(楽しそうに見える)

 

これらの表現でいいのではないでしょうか?多少表現が間違っていても大切なことは、相手に対して、

 

  1. ちゃんと意見を求めることができる(自分の聞きたいことを聞くことができる)
  2. 相手の質問に対して、自分の意見を伝えることができる

 

ことだと思います。

 

Adios!!