なぜ英語の授業が大嫌いなのか?苦手、むかつく、克服できない?

僕は大学時代から英語の学習を本格的に始め、仕事や日常で英語を使えるレベルにまで高めてきた。しかし、もともとは英語がそんなに好きなわけではなかった。それは学校で教わる「英語の授業」というのがものすごく退屈であったからに違いない。少し英語の授業に怒りの念すらある。僕は大学で「なぜ我々は勉強するのか?」と聞いたことがある。

 

スポンサーリンク

授業で学ぶ英語の意義とは?

僕はかつて大学教授に「なぜ我々は英語の勉強をするんですか?あれじゃ、しゃべれるようにならないし意味あるんですか?」と聞いたことがある。

 

大学教授はこう答えた。

 

「何も話せるようになるために英語や第二外国語を学ぶわけじゃないのよ。言葉っていうのは思想や文化と切り離すことができないのよ。英語を学ぶとは、その言葉が用いられている国の生活や文化を知ることにも繋がるのよ。言葉と文化をともに学ぶことで、自分の知らなかった新しい世界を開いていくのよ。それが英語を学ぶ意義なのよ。英語を学べば、私たちは他者を知ることができる。私たちがステレオタイプで持っているものの見方、特に日本人的な考え方とはずいぶんちがった世界を発見することができる。そうすることで初めて、私たちは自分の言葉や文化を客観的にとらえることができるようになる。英語や第二外国語を学ぶ意義っていうのはそうゆうところにあるの。」

 

うーん、確かにその通りだ。それにしてもこういった言語学習にかける時間は莫大である。中学・高校と週3~5時間は英語の授業はあった気がする。その学習時間に見合った、多様な価値観を手に入れることができたかというと疑問である。たとえ、言語を学ぶ意義があるとしても、実践で使える英語とのバランスをとることはできないのだろうか?

 

英語嫌いになってしまう原因

現在の英語学習では、「英語嫌い」になってしまう生徒がほとんどであることは間違いない。英語嫌いになってしまう原因はおおよそ次の4つではないだろうか?

 

英語を学ぶ意義を知らない

英語を勉強することに意義を見いだせない人は多い。僕は大学で教授に聞くまで外国語学習の意義を聞いたことがなかった。中学の英語の先生も高校の英語の先生もそんなことは教えてくれなかった。というよりは、先生たちはこのことすら認識せずに日々の授業をこなしているのかもしれない。意義を見いだせない勉強を強制させられてもやる気が出ないのは当然である。

 

成功体験を持つ機会がない

英語学習において成功体験を持つ機会は皆無である。たとえば、授業で学んだ英語を生かして英語を使う機会を作り、「会話」ができたという達成感や成功体験を持たせる場をつくることが英語学習のモチベーションに繋がるはずである。原状では英語を話す先生はほとんどおらず、実践の場があまりにも少なすぎる。

 

単語・文法研究

単語や文法だけを異常に掘り下げる。もはや研究みたいなもんだ。机上の勉強はほんとにつまらない。

 

ペーパーテスト

ペーパーテストができさえすれば「英語ができる」と認識される。テストはみんな嫌いだ。スピーキングテストを増やしてもいいだろうが、それができる先生は少ないという現状がある。

 

英語の勉強、楽しいよ

英語が大嫌いとか苦手、さらにはむかつくと言う人までいる。でも英語の勉強って本当は楽しいよってことが言いたいんだ。そりゃたまには退屈なこともあるけどさ、外国人相手に自分の言いたいことが伝わった時、素直にうれしいじゃん。

 

何よりも多様な価値観に触れる機会が増える。外国人の相手からその国の生活や文化を聞いて、自分の国との違いに気づき、母国のことを客観的に見れるんじゃないかな。僕はアメリカに住んでいたとき、本当はやりたくないサッカーに何度も誘われていて、「うーん、考えとく」とか言ってたんだけど、それって外国人からすると本当に嫌なことなんだってね。後から気づかされた。「YES」か「NO」、やりたいかやりたくないかを素直に伝えないといけない文化なんだ。日本だとなんとなく単刀直入に答えるよりもやんわりと断るほうが好感をもたれるけど、それも海外の人と実際にコミュニケーションをとってみてわかったことだと思う。

 

コミュニケーションをとることで、他国との違いに気づき、自分の国の文化や生活、自分自身を客観視することができる。もちろん、言語学習で単語や文法の探究をすることで新しい発見があるかもしれないけれども、やっぱり研究者じゃない限りはコミュニケーションをとるこnで、多様な価値観に触れることもできるし、成功体験を持つ機会ができるのではないだろうか?

 

当サイトオススメの英語学習ツール

当サイトで紹介している勉強法を実践するツールとしてオススメするのが「スタディサプリEnglish」だ。AppStore教育カテゴリランキングでダントツ1位を獲得している人気の英会話アプリで、当サイトで紹介している勉強法をフル活用できるようなプログラムになっている。

 

僕自身今まで色々な教材を使ったり、英会話教室に通ったこともあったが、「スタディサプリEnglish」はかなりオススメだ。月額980円(税別)と有料だが、このアプリ1つあれば他に参考書を買う必要はないと思う。詳しい説明や進め方は別記事に書いてあるのでそれを参考にしてほしい。

 

スタディサプリEnglishは評判通り良いのか、実際に使ってみた感想

 

スタディサプリEnglishの無料体験が1ヶ月になるキャンペーンコード配布中!!

 

スタディサプリEnglishを始めようかどうか悩んでいる人に朗報です!無料体験の期間は通常1週間となりますが、当サイトで配布しているキャンペーンコード「TRY2016」を入力すると、無料体験期間が1ヶ月に延長されます。お支払方法の選択画面でキャンペーンコードを入力すると、1ヶ月無料で利用できます。ただし、アプリからの申し込みでは適用されないので、必ず下記のリンクから申し込んでください。

 

満足できない場合、1ヶ月以内に解約すれば、一切課金なしとなります。英語学習に最適なアプリなので是非一度使ってみてください。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTプロフィール

mm

サラリーマン兼ブロガーのTakuro。「英語を勉強したい・留学したい・海外ではたらきたい」そんな想いを持った人たちを後押しするために、Ivanと共に当サイトを創設。趣味は英会話・筋トレ・バスケ。好きな国はメキシコ。好きな場所は家・カフェ・ジム。