リピーティングでリスニング力を向上させる
日本に滞在する外国人がかなり多くなってきたと実感している人は多いと思います。たまに英語で道を聞かれたりすることもある。そんなときに相手の言っていることを理解してあげたいのに、結局よくわからないまま・・・なんて経験がある人は意外と多いのではないだろうか?少なくともヤクザみたい顔をしていなければ誰だって英語で道を尋ねられる可能性はある。

今日はそんな時のために、そして英語力向上のために、英語で相手の言っていることを理解できるようになる勉強法を紹介しよう。

スポンサーリンク

英語を理解する最強の勉強法 リピーティング

リピーティングトレーニングは、英語を学ぶ上で重要なトレーニングである。英語学習で覚えておいてほしいことは、言えない音は聞けないということ。言えない音を言えるようにするのがリピーティングトレーニングである。言えるようになることで聞けるようにもなる。僕はどんな日でも必ず15分は時間を取ってリピーティングを行っていたおかげで、英語力が飛躍的に向上した。

 

リピーティングのやり方

リピーティングトレーニングは極めてシンプルな勉強法である。用意するものは短文を読み上げてくれるCD教材だけでOK。これを1日最低15分以上を必ず毎日行うこと。毎日やることで英語に慣れる必要がある。よくスポーツで1日休むとその遅れを取り戻すのに3日かかると言うが、英語の勉強も同じで1日英語を聞かない日があるとからだが鈍ってしまう。リピーティングトレーニングに最適な教材は、みるみる英語力がアップする音読パッケージトレーニング(CD BOOK)だ。TOEICを勉強している人は、公式問題集のパート2でいいだろう。

 

リピーティングの方法は

 

①短文をCDが読み上げる
②短文が読み上げられた後、それをそのままそっくり復唱する。

 

以上!!!

 

これだけ!?と思う人がいるかもしれないけれども、意外と難しいよ。みるみる英語力がアップする音読パッケージトレーニングはものすごく簡単な文章で構成されているから楽勝だと思うかもしれない。しかし、いざリピーティングをやろうとすると、「あれ?何て言ってたっけ?」と何度も躓いてしまう。なんでリピーティングが全くできないかというと単なるトレーニング不足だ。僕たちが今まで学校の授業で読解の授業しかやっていなくて、声に出すというアウトプットのトレーニングをしてこなかったからである。リピーティングをして今まで蓄えた知識と新たに学ぶ知識をどんどんアウトプットしてほしい。

 

 

リピーティングのメリット

リピーティングをやるメリットは、主に以下の通りである。

①ネイティブの発音をそのまま覚えることができる
ネイティブの発音に続いて、自分もそれと全く同じ音を出す。ということは、ネイティブの発音を耳で覚え(リスニング)、ネイティブの発音を声に出す(スピーキング)ので2つのリスニング力とスピーキング力の向上につながる。発音だけではなく、文のつながりやイントネーションまで習得できる。リピーティングをやる前に発音を一通り習得しておくと効果倍増である。

 

②相手の言っていることを理解できるようになる
リピーティングをすると、短文を聞いて声に出すまでに頭の中で相手の言っていることを理解・記憶する必要がある。トレーニングを積むと相手の言っていることがスムーズに頭に入ってくるようになる。今まで雑音に聞こえてたものが、頭の中で理解されるようになるのだ。もちろん、なにも考えないで音だけを聞いて口に出すのではなく、言っていることを理解してその人になったつもりでリピーティングすることが大切だ。

 

③短文を覚え、日常会話で生かせる

When does Ivan start his new job?(アイバンはいつ新しい仕事を始めるの?)

という文を何度も復唱するので、この文を覚えることができる。そして、これを応用して使えるようになる。

例えば、

When do you start your new job?
(あなたはいつ仕事を始めるの?)
When do you start to work out?
(あなたはいつ練習を始めるの?)
When do you go back to your country?
(あなたはいつ自分の国に帰るの?)
Where do you start your new job?
(あなたはどこで仕事をはじめるの?)

英語の例文を自分の中にどんどんストックしていくことにより、表現の幅が広がってくる。

 

④LRSWすべての能力を鍛えることができる
リピーティングは、相手の言っていることを理解することができるだけに留まらず、英語の総合的な力を鍛えることができるトレーニングである。例文付きの単語帳でリピーティングすれば、単語を覚えられるし、例文付きの文法書なら、文法も覚えられる。これにより、リーディング力やライティング力もつく。そして聞いて、声に出すからリスニング力やスピーキング力もついていくというまさに万能型トレーニングなのだ。

 

まとめ

リピーティングはインプットとアウトプットをどちらも鍛えるトレーニングであり、語学を勉強する上で非常に良いトレーニング方法だと思う。相手の言っていることを理解できるようになるだけに留まらず、相手とコミュニケーションをとれるようになる。このトレーニングを積んでいけば、外国人から道を尋ねられた時に英語で対応できることができるようになるだろう。それだけに留まらず「日本はどうだい?」と逆に質問して、会話を発展させることができる。

 

※2016年10月14日に新しいTOEIC公式問題集が発売されました。TOEICを勉強している人は公式問題集を使ってリピーティングしよう!