シャドーイングのやり方と効果を徹底解説!オススメの教材は?

英語を勉強している人は、シャドーイングというトレーニング方法を聞いたことがあるのではないでしょうか?シャドーイングは通訳養成学校でも取り入れられている訓練方法の1つで、リスニング力の向上に非常に高い効果があります。

ここでは、シャドーイングのやり方と効果を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

シャドーイングとは?

シャドーイング

シャドーイング(Shadowing)とは、音声に続いて影(Shadow)のように追いかけていくトレーニング方法です。もっとわかりやすく言うとシャドーイングはCD音声に続いて、音声をまねるようにして発話するトレーニング方法です。

シャドーイングは、元を辿ると通訳養成学校で本格的な通訳の練習に入る前の段階としての基礎練習として取り入れられていました。同時通訳は、耳で英語を聞いて理解しながら、同時に日本語に訳すという2つの仕事を同時に行っている訳です。最初から同時通訳を行うのは難しいため、練習として英語で聞いて英語を話すシャドーイングトレーニングが行われていたのです。

それが転じて、シャドーイングが英語学習に有用であるということがわかり、今では一般的な英語学習として広く普及しています。

シャドーイングのやり方


シャドーイングを初めてやる人は2段階に分けてトレーニングをするのがいいです。

  1. 音声を正確に再現するシャドーイング
  2. 意味を意識しながら行うシャドーイング

音声を正確に再現するシャドーイング

1段階目では、とにかく音声を正確に再現することです。発音やイントネーション、音声変化など難しい部分はたくさんあるでしょうが忠実に再現できるようにトライしてみてください。さらに、誰かに聞いてもらったり、ボイスレコーダーに録音して自分の声を客観的に聞くことでどこがきちんと言えてないかを確認することができます。

意識を意識しながら行うシャドーイング

2段階目では、意味を意識しながら相手に話しかけるようにシャドーイングします。感情を込めて、身振り手振りを交えてやるとさらにいいです。こうすることで、表現を身につけることもできますし、ただ英語をボーッと聞くだけではなく意味を理解しながら英語を聞くことができるようになります。

シャドーイングが難しくてできない場合

ここまでサラッとシャドーイングのやり方について紹介してきました。しかし、シャドーイングのやり方はとてもシンプルですが実際にやってみると全然音声についていくことができない人がほとんどだと思います。

シャドーイングに取り組んでみたけどなかなかできない人は、以下のことをやりつつシャドーイングトレーニングに取り組んでみてください。

  1. 音声だけを聞く
  2. 音声に続いて小声でブツブツ呟く(サイレント・シャドーイング)
  3. テキストをみながら音声を聞く
  4. テキストをみながら音声と一緒に声を出してみる(シンクロ・リーディング)

これらのことをやると、シャドーイングの難易度が少し下がります。

また、初心者の方の場合は、リピーティングディクテーションを先にやってからシャドーイングに取り組むのがおすすめです。

シャドーイングの効果

シャドーイングは、リスニング力やスピーキング力の向上に役立ちます。具体的には以下のようなことに効果があります。

  • リスニング力が格段に向上する
  • 正しい発音やイントネーションが身につく
  • 単語やフレーズも暗記できる

リスニング力が格段に向上する

シャドーイングトレーニングは正確に音を聞き取って自分の声に出すというトレーニングであるため、集中力と注意力を最大限に高める必要があります。リスニングのトレーニングの中でも最も難易度の高い訓練でもありますが、日々、正確さや完璧さを求めるトレーニングをし続けることでリスニング力がメキメキと向上していきます。

正しい発音やイントネーションが身につく

シャドーイングをすることで、正しい発音やイントネーションを身につけることができ、結果として英語をスムーズに話せるようになります。

シャドーイングで改善できること
  • 単語の発音
  • 音声変化への対応
  • 抑揚や強弱が身につく

単語の発音

英語の力をつけていく上で、発音の習得は必須です。英語には、日本語にはない発音が存在します。日本語にはない音を初めて聞いたとしても、なかなか理解することはできません。

発音の勉強をしっかりすることが大切ですが、発音の勉強は非常に退屈です。同じ音を何度も繰り返し練習することになるので飽きます。なので、発音教材は2週間くらいでサッと終わらせて、その後はシャドーイングやリピーティングをやりながら、発音をマスターしていくのがいいと思います。

シャドーイングで発音に引っかかったりうまく言えなかったら、その部分を発音のテキストで確認することで自分が言えない音を改善することができます。

音声変化への対応

英語には一定のルールにしたがって単語と単語が組み合わさると、発音が変化することがあります。リスニングができない理由の1つに、音声変化が起こるということを知らないことが挙げられます。具体的には、「弱形」「脱落」「連結」「同化」などの音声変化があります。

例えば、脱落で言うと「take care」という単語は、kの発音が脱落して「テイケア」というような発音をします。連結の例では、「not at all」が、「ノッタトール」という1語で発音します。

シャドーイングをやっていると様々な音声変化に触れることができるので、都度声に出して音声変化になれるといいでしょう。

抑揚や強弱が身につく

日本語はイントネーション(抑揚)やアクセント(強弱)もあまりつけずに平坦な話し方をします。しかし、英語はイントネーションと強弱をしっかりつけて、リズムカルに言葉を発話します。しっかりと抑揚や強弱をつけることで英語が聴きやすく、そして理解されやすくなります。

是非、音声を聴きながらイントネーションやアクセントを感じてみてください。

単語やフレーズも暗記できる

速読速聴・英単語 Core 1900などで付属のCDを使ってシャドーイングすれば、単語を文の中で暗記することができます。また、同じようにしてどんな参考書でもシャドーイングを行って、フレーズを暗記するまでトレーニングを繰り返すことでリスニング力だけではなく表現方法まで身につけることができるのです。

シャドーイングおすすめ教材

シャドーイングをこれから始めようと思っている人や、今まで自分の好きな教材を使ってきたけどあまり効果が実感できないという人におすすめのシャドーイング教材を紹介します。

英語初心者におすすめなのが、玉井氏著の決定版 英語シャドーイング[超入門]です。シャドーイングだけではなく、マンブリングやシンクロ・リーディングのやり方も詳しく書いてあり、リスニング力をつけたいという方に特におすすめです。

初心者向けの参考書なので、語彙やフレーズが平易なものであり、音声スピードもそれほど早いものではありません。もの足りない方は、同じく玉井氏が書いている決定版 英語シャドーイング[入門]をやるといいと思います。

シャドーイングとリピーティングの両方ができる教材が、みるみる英語力がアップする音読パッケージトレーニングです。ベストセラーであるどんどん話すための瞬間英作文トレーニングの著者である森沢洋介氏の参考書です。

平易な文で書かれていますが、リピーティングもシャドーイングも慣れるまでは難しいです。繰り返し練習するようにしてください。

シャドーイングに慣れてきたあとは、好きな教材を使って勉強するといいでしょう。TOEICを勉強しているなら、公式問題集のPart3とPart4を使ってシャドーイングをすればいいでしょう。

上級者に対しておすすめなのが、CNN 10というアメリカの高校生向けのニュース番組を使ってシャドーイングをすることです。Podcastで毎日更新されるニュースが手に入ります。高校生向けなので語彙も比較的平易なものが使われていたり、何よりキャスターのカールがとても陽気で飽きません。

もちろん、ニュースの内容はアメリカ国内や世界で起きている主要なニュースが多いです。ただ、日本ではあまり報じられていない我々が知らないことも紹介していて聞いていてとても興味深いです。

そして嬉しいことに、スクリプトもダウンロードできるので、是非挑戦してみてください。

まとめ

ここまでシャドーイングのやり方や効果、そしておすすめの教材について紹介してきました。

実際に自分1人でシャドーイングをやってみようとすると非常に難しいことがわかります。少しできるようになってきても、知らず知らずのうちに間違った発音で声に出してしまっていたりするような場合もあります。自分の声を定期的に録音して客観的に聞いてみたり、まわりの英語ができる人に自分の英語を聞いてもらうなどをしてもらったほうがいいでしょう。

シャドーイングは、音声を聞いてそれを口に出す必要があり、非常に集中力のいるトレーニングです。とても集中力のいるトレーニングですので、まずは1日15〜20分を目標に頑張って続けてみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA