海外に行くと、お土産や何かほしいものがあるのになかなか見つからないことって出てくると思います。また、訪日外国人から「〜はどこで買えるの?」や「おいしい寿司はどこで食べれるの?」と聞かれることもあると思います。

 

そんなとき、誰かに質問できたり、堂々と答えることができれば、すぐに問題が解決します。

 

質問するときは次のようなフレーズを使いましょう。

 

  1. Where can I get popcorn?
  2. Is there someplace I can buy popcorn?
  3. Where’s a good place to get popcorn?

 

2と3に関しては、placeを後ろから説明している文です。日本語だと「ポップコーンが美味しい場所」と説明が前に来ますが、英語には説明ルールがあって、「説明は後ろから」します。一例を挙げてみます。マーカーを引いてあるところが、説明をしている文です。

 

  • I’m good
  • We went out to eat last night
  • He walks slowly
  • I think she is beautiful
  • The boy playing soccer is Tom
  • I heard someone calling my name

 

さて、それでは誰かに「〜はどこで買えるの?」と聞かれたときの答え方を紹介します。

 

  1. you can go to the Garret Popcorn in Tokyo Station
  2. I would go to the Garret Popcorn in Tokyo Station
  3. Why don’t you go to 〜
  4. How about looking online?
  5. A good place to get popcorn is 〜
  6. The best place to buy popcorn is 〜

 

「僕だったらこうするよ。」って言うのが、1と2です。特に1は、僕がアメリカに住んでいたときに、よくホストファミリーに言われていました。2で”will”ではなく”would”なのは、「もし私があなただったら、こうするわ」っていう仮定法が含まれているからです。単なる提案です。

 

4の「ネットで調べてみれば?」っていうフレーズもかなり使えそうです。でも初めて日本に来た外国人にそんなこと言えないですよね。「ネット使えればむしろお前らには質問しない」って言われちゃいそうです。

 

よく道とか尋ねられたり、どの電車に乗ればいいのか聞かれることがあると思います。道がわからない・説明できないときは、

 

  • I will google it for you
  • Let me google it

 

と言って、もちろんコミュニケーションがとれるに越したことはありませんが、スマートフォンで調べて見せてあげるのもいいかもしれません。

 

英語を話せるようになるには、英語を話すしかない