英語で会話をすると、ネタがなくなって気まずくなってしまうことって多い人がいると思います。でも、日本語だとつまらないことでも、英語で話すとすごく楽しかったりします。

 

今日は相手の家がどんなところかを聞きたいときの表現を紹介します。

 

  • What is your house like?
  • What is your apartment like?
  • What’s your place like?

 

What 〜 like?ってよく使うんですよね。「〜はどんな感じよ」ってたしかに日本語でもよく使います。

 

あなたの家/アパートはどんな感じよ?ってことになります。

 

ちなみに僕がアメリカにいたとき、みんな使うのが、What’s your place like?だったんですよね。友達になんでplaceを使うのか聞くと、

 

「フォーマルのときはapartmentやhouseを使うんだけれども、カジュアルなときはplaceって言うんだ」って教えてくれました。

 

そのとき以来、友達と話すときはplaceを使うようになりました。よく「今なにしてるの?」って電話やテキストがくるので、

 

I’m just chilling at my place(家でくつろいでるよー)

 

なんて言うと、車で来てくれて出かけるなんてことも多くありました。アメリカはカジュアルな会話では、placeを使うけれども他の国はわかりません。

 

話を戻して、「あなたの家はどんなところ?」という質問に対しては、次のように答えます。

 

  • It’s comfortable
  • It’s small, but convenient

 

こんな感じだから、なんで快適なの?や便利なの?って聞き返せば会話の幅が広がりますよね。

 

他にも部屋に関する質問はたくさんあります。
 

  • How many rooms are there
  • Is there a terrace?
  • Does your place have a french balcony?

 

フレンチバルコニーって知っていますか?僕もあまり馴染みがなかったので、初めて聞いたときついついググっちゃいました。僕が説明するより、ググったほうが早いと思います。

 

My place is pretty nice because it’s comfortable and convenient.

 

最近、新築かつ広めの部屋で駅から徒歩5分のアパートに引っ越してきたあごながおじさんでした。

 

英語を話せるようになるには、英語を話すしかない!