【英語】リスニングの勉強法|聞き流しだけでは上達しない!?

リスニングの勉強を続けているのになかなか英語が聞き取れるようにならず、苦手としている人は多くいるのではないかと思います。一体どうすれば英語を聞き取れるようになるのでしょうか。

この記事では、日本人が英語を聞き取れない原因や、間違ったリスニングの勉強法、そして正しいリスニングの勉強法を紹介します。

スポンサーリンク

英語のリスニングができない原因

英語 リスニング 聞き取れない
英語を聞き取れない原因は1つではありません。人によっては、複数の要因が重なって英語が聞き取れない人も多いのです。

勉強をしているにも関わらず、リスニング力がなかなか上がらないという人は、英語が聞き取れない原因を分析し、1つずつ克服いくことで改善していきましょう。

それではまず最初に、日本人英語が聞き取れない原因を1つずつ説明します。

単語の発音を知らない

英語は、カタカナどおり読まれるのではないということはご存知だと思いますが、アルファベットどおり読まれるわけでもありません。

例えば、”apple”は「アップル」ではなく「アポー」と発音します。我々の感覚から言うとアップルと言いたいわけですが、ネイティブスピーカーにそのままアップルと言っても伝わらないことが多いです。他にも”bottle”は「ボロー」と発音されます。

英単語の勉強をするときに、音声を使って学習をしない人は単語の発音を習得できないため、オーディオで聞いたときにどの英単語が発音されたのかわかりません。

音声では簡単な単語である”apple”や”bottle”と言っているのに、理解できないということが起きてしまうわけです。

英語には日本語に存在しない音がある

みなさんは、”She See Sea”という単語をみてどのように発音するでしょうか。おそらく多くの人は、「シーシーシー」と同じ発音をするのではないかと思います。

ところが、正しい発音は [ʃíː] [síː] [síː] となっています。

私たち日本人は、日本語にない英語の発音を正しく聞き取ることができません。

“L” と “R” の発音が典型でしょう。正しい音が聞き取れていないため、英語が理解できない人は多くいます。

音声変化のルールを知らない

私たちが日本語を話すときも知らず知らずのうちに音声変化が起こっています。例えば、「全員(ぜんいん)」を「ぜーいん」と言ったり、「ぜいいん」と言ったりします。

英語も一定のルールに基づき、単語と単語が結びつくことで同じような変化を起こします。音声変化には、連結・短縮・脱落・同化・弱形・変形の6つがあります。例えば、”pick it up”は、3つの単語が連結され「ピッケラップ」と1語で発音します。

音声変化はリスニングをする上で非常に大切な要素であるにも関わらず、知らない人が多く、なかなかリスニングが向上しない原因となっています。

知らない単語が多すぎる

あまりにも知らない単語が多すぎると、発音や音声変化を理解していても、全く意味が理解できなくなってしまいます。

ただ、発音や音声変化を学び、単語をある程度知っている人であれば、知らない単語が出てきても前後の文脈で意味を想像できるようになります。

知らない文法や表現が多い

知らない英文法や表現を使われると、発音がわかっていても意味が理解できません。音がわかっても意味が理解できず、結果「英語が聞き取れない」という状況になってしまいます。

例えば、使役動詞”make”の役割を知らない人が以下の文章を聞いたとしましょう。

He made his sister clean the room.

彼は妹に部屋の掃除をさせました。

makeを使った使役の用法にについて理解できていない人だと、音声を聞いたときに「?」となってしまうでしょう。

日本語に訳そうとして、リスニングが追いつかない

英語を日本語に訳そうとして、英語⇒日本語⇒イメージという順をたどると当然のように英語音声についていけなくなります。英語⇒イメージとわざわざ日本語に訳さずに聞き取る必要があります。

また、わからない単語や言い回しが出てくると立ち止まってしまい、そのあとの会話が全く頭の中に入ってこないこともあります。わからない単語や言い回しがあっても、立ち止まらずに切り替えて聞き続けることが大切です。

間違ったリスニングの勉強法

間違ったリスニングの勉強法
英語の勉強をしているにも関わらず、リスニング力が上がらないという人にありがちな失敗するリスニングの勉強法をまとめてみました。

英語の聞き流し

「聞き流すだけで英語がペラペラになる」という謳っている英会話教材を広告でみたことがある人は多いと思います。この手の教材は、だいたい決まって小さな文字で「効果には個人差があります」と書かれており、正直本当に効果があるのか疑問に感じます。

少なくとも初心者は、音声を聞き流すだけではリスニングは絶対に上達しません。時間を無駄にしないためにも正しい勉強を実践することが大切です。

聞き流しで英語力が向上するのは、ある程度音声の内容が理解できる上級者のみだと思っておいてください。

難しすぎる教材を使用する

難しすぎる教材を使用すると、脳がそれを言語として認識してくれず、ほぼ雑音に聞こえてしまいます。私自身も初めてTOEICを受けたとき、全てが雑音になりました。

リスニングを上達させるには、自分のレベルに合った教材を選ぶことが大切です。

洋画や海外ドラマ、洋楽を教材として使う

洋画や洋楽は、上級者には非常に良い英語学習教材となります。楽しみながら、生きた英語を学ぶことができます。

しかし、初心者がいきなり洋画や洋楽に取り組もうとしても全く言葉がわからず、ただ映像を観てるだけや音楽のリズムを聞いているだけということになってしまいます。

どうしても、洋画を使って英語の勉強をしたい場合は超字幕という英語学習アプリを使うのがおすすめです。

スポンサーリンク

正しい英語のリスニングの勉強法

効果的なリスニングの勉強法
英語が聞き取れない原因として、以下の事項を挙げました。

英語が聞き取れない原因
  • 単語の発音を知らない
  • 英語には日本語に存在しない音がある
  • 音声変化のルールを知らない
  • 知らない単語が多すぎる
  • 知らない文法や表現が多い
  • 日本語に訳そうとして、リスニングが追いつかない

これらの原因を1つずつ潰していくことによって英語のリスニング力はぐんぐん上昇していきます。それでは、具体的にどんなことをやっていけばいいのかお話しします。

日本語にはない発音を自分の口で言えるようにする

発音の勉強が重要な理由を端的に言うと、発音とリスニングは深い関係があり、言えない音は聞こえないからです。

日本語にはない発音例

  • [ ʃ ] sh
  • [ θ ] th
  • [ ŋ ] ng
  • [ æ ] a
  • [ ʤ ] j , g
発音がしっかりできないと、知っている単語にも関わらず、音声で聞くと全く理解できないことが多くなってしまうよ。いくら単語量を増やしても、聞き取れなければリスニング力は向上しないね!

発音の本は書店に行けばいくつか置かれていますが、DVD&CDでマスター 英語の発音が正しくなる本がわかりやすくおすすめです。絵やDVDがついているので、それぞれの発音における口の開け方を視覚で確認することができます。

音声変化を学ぶ

英語の音声変化には、連結・短縮・脱落・同化・弱形・変形の6つがあります。

たとえば、

Have a good day.

という文は、「ハバグッデイ」と言います。”Have+a”が連結を起こし、”good+day”は脱落のルールによって「グッデイ」と1語で読まれます。

このように英語はアルファベットどおり読まれるわけではなく、単語と単語が重なることにより音声変化が起こります。音声変化に関する詳しいことは、こちらの記事(音声変化を知れば英語が聞こえるようになる | 発音変化のルール)にまとめました。リスニング力を向上させるためには、音声変化を知ることは必須となります。実はそんなに難しいことではないので、サッと学習してみるといいでしょう。

単語は音声教材を使って発音ごと覚える

学生時代の名残から、英単語を教材を見ながら、もしくは書きながら覚えている人はいませんか。

目で見て覚えたり、手を動かして覚えても、残念ながら単語を聞き取ることができるようにはなりません。

リスニング力を向上させたいのであれば、音声教材を使って英単語を覚えるのがマストになります。
仮に音声教材を使わないのであれば、発音記号を全て覚えてからやるようにしてください。

リスニング力の向上に力点を置いた英単語帳はどれかと言われたら、キクタンになります。音声も飽きないように工夫されており、リズムかるに音声が読み上げられたり、複数のナレーターが交互に単語・例文を読み上げてくれます。

キクタンには中学生・高校生から始める入門レベルだけではなく、TOEICや英検、TOEFL、英会話、大学受験など様々な種類の英単語帳がありますので、自分の興味のあるものから取り組むといいでしょう。また、キクタンにはiphoneのアプリもあるので本と並行してし使うのもおすすめです。

尚、長文の中で英単語を覚えたいという場合は速単もおすすめです。

英文法を理解する

文法力がリスニング力に影響を与える具体的な例を挙げたいと思います。

以下の例文を聞いたつもりになってください。

The girl who I wanted to date is now going out with my best friend!

それぞれの単語の意味をみると、どれも中学校で習ったような簡単な英単語しかありませんよね?

単語の意味はわかるけど、実際にリスニングするとなると混乱してしまう場合があります。リスニングをする場合は、リーディングに比べると圧倒的なスピードで処理しなければならないため、時間をかけてゆっくり読んで理解できたとしても、耳で聞くと全くわからなくなる可能性があります。

The girl who I wanted to date is now going out with my best friend!

the girl
→その女の子

(どんな女の子?)

who I wanted to date
→私がデートしたかった

(デートしたかった女の子がどうしたの?)

is now going out with my best friend!
→親友と付き合ってるんだ

(マジで・・・・)

このように英文法を理解していると、文節(意味のかたまり)で理解できるので文が長ければ長くなるほど文法は重要性を増してきます。

英文法はそんなに難しい参考書をやる必要がありませんが、一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法は、英会話を意識した内容の作りとなっています。そのため、英文法書の中では珍しくスピーキングやリスニングに焦点が当てられ、例文も実際の英会話で使われるような口語が多いためリスニング教材としてもおすすめの1冊です。

精聴する

精聴とは、ここでは1つの音声をじっくり聞くことを意味します。精聴を行うことで得られるメリットは、以下のとおりです。

  • 聞こえる音と実際の英語が一致するようになる
  • 頭にこびりついたカタカナ英語の発音から脱却できる
  • 音声変化にも対応できるようになる
  • 弱点(聞こえない音)を発見することができる

発音や音声変化を一通り終えた人は以下の3つの学習法を使って、精聴をやるようにしてください。

ディクテーション

聞こえた音を書き取るトレーニングです。書き取りのため、難易度は低いですが、最初のほうは読み上げられた短文全てを書き取ることでもかなり難しいと思います。

ディクテーションのやり方+α

  1. 何回か音声を聞き、英語を書き取る
  2. どうしても聞き取れないところは、カタカナで聞こえた音を書き留めておく
  3. 最後まで書き終えたら、自分の書いた内容と答えを見比べる
  4. なぜ聞き取れなかったのかを分析する
  5. 正しく聞き取れなかった部分を集中的に繰り返し聞く
  6. 音声に続いて、繰り返し読み上げる(リピーティング)

ディクテーションで英語を聞き取れない主な原因は、単語を知らないだけか、発音もしくは音声変化にあります。しっかりと分析して、聞き取れなかった部分を重点的に繰り返し聞くようにしてください。その後、行うといいのがリピーティングです。

リピーティング

リピーティングのやり方は非常にシンプルです。

  1. 英語の短い音声を流す
  2. 音声をそっくりそのまま声に出して繰り返す

リピーティングをやるときは、スクリプトを見てはいけません。やってみるとわかりますが、聞いた音をそのまま口に出すのというのは非常に難しいです。ある程度の長さの文章になってくると、前半や後半の一部分の単語だけしか頭に残っておらず、音声通りに全てそのまま繰り返すことが困難になります。

詳しい内容は、リピーティングのやり方と効果を解説!にまとめていますのでご一読ください。

シャドーイング

シャドーイング(Shadowing)とは、音声に続いて影(Shadow)のように追いかけていくトレーニング方法です。もっとわかりやすく言うとシャドーイングはCD音声に続いて、音声をまねるようにして発話するトレーニング方法です。

シャドーイングは、通訳養成学校も取り入れられている本格的なトレーニングです。

シャドーイングに関する内容を知りたい人は、シャドーイングのやり方と効果を徹底解説!オススメの教材は?をご一読ください。

多聴

精聴をしっかりして、ある程度リスニング力がついてきたら、英語シャワーとも呼ばれる多聴を行います。精聴とは違い、いろんなCD音声をシャワーを浴びるように聞き続けます。

多聴では、映画や海外ドラマ、ラジオなどに挑戦してもいいですが、ある程度理解できるレベルの教材を選ぶようにしましょう。また、留学するなんていうのも非常に良い選択肢だと思います。

英語のリスニング学習でオススメの教材

精聴を独学でやるときにどの教材を使うべきか悩む人は多いと思います。

まず、資格取得や試験対策のためにリスニングの勉強をしなければならない人は、それぞれの試験問題をテキストとして使用するのが1番良いです。具体的にいうと、英検は英検の参考書、TOEICはTOEIC公式問題集、海外の大学へ留学を考えている人はTOEFLの参考書、高校入試は高校入試用の問題、大学受験はセンター試験用問題などです。

ここでは、ディクテーションやシャドーイングといったトレーニングを有効的にでき、英語の総合力を高めるのに役に立つ教材を紹介します。

みるみる英語力がアップする音読パッケージトレーニング

音読やリピーティング、シャドーイングができるのが、みるみる英語力がアップする音読パッケージトレーニングの特徴です。内容も中学生レベルのものとなっており、初心者に非常におすすめの教材です。

アプリで学習できる!スタディサプリEnglish

スタディサプリEnglishはリクルートが開発した英語学習アプリです。ディクテーションがスマホでできる非常に優秀なアプリです。他にもリピーティングやシャドーイングもできます。

僕自身も利用した経験があり、そのレビューはスタディサプリENGLISHは評判通り良いのか、実際に使ってみた感想にまとめてありますので宜しければご覧ください。

まとめ

リスニング 勉強法
リスニングの勉強方法についてまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか。

リスニングの勉強法まとめ
  • 発音を覚える
  • 音声変化を学ぶ
  • 単語は発音ごと覚える
  • 英文法を理解する
  • 精聴する
  • 多聴する

リスニングの勉強は、最初こそ辛いかもしれませんが、慣れてくると非常に楽しいものになると思います。今まで外国人同士の会話が全く理解できなかったのに、少しずつわかるようになってくるとすごくモチベーションが上がったりもします。

是非正しいリスニングの勉強法を実践して、英語力をぐんぐんつけていってください。

スポンサーリンク

ご参考になりましたらシェアお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA