【国際結婚②】交際に至るまでとグローバルカップルならではの葛藤

ある日彼は、

 

僕との将来を真剣に考えてほしい

 

と言い残しメキシコに1ヶ月帰っていきました。

 

スポンサーリンク

思い悩む日々と交際への決意


彼がメキシコに帰国している1ヶ月間、私は色々と考えました。

 

  • 外国人と付き合うなんて本当に大丈夫なんだろうか
  • 周りはどんな反応するかな
  • 海外には行きたくないなあ

 

仲の良い友人に相談してみると、

 

友人
絶対やめたほうがいい!

 

そう言われたのを機に、誰にも言えなくなり一人で悩み続けました。

 

しかし、彼はメキシコにいるときも毎日メールや電話をくれ、愛情をいっぱい注いでくれました。そんな姿を見ていて、

 

国籍なんて関係ない。同じ人間だ。彼を信じ、自分の気持ちに正直であろう。

 

そう思い、彼が帰国後程なくして交際がスタートしました!

 

私達の場合、旦那が日本語を話せるので言葉の壁はなく、気が合う所も多かったりして、交際する中で大変だったことがそれ程ありませんでした。

 

付き合っているときは、仕事の関係でお互いの休日が合わないことが多く、デートらしいことはあまりしていませんでした。それでも、彼が頻繁に家に来てくれたし、ちょっとしたことでも大笑いしてくれる彼をみていると自然と幸せな気持ちになることができました。

 

何より私が本当に付き合ってよかったと思ったところは、家族や私のことを大切にしてくれるところでした。メキシコでは家族を大切にすることは当たり前なのかもしれないけれども、日本人には見たことのないくらい愛情を持って接してくれます。

 

もちろん、日本人にはない考えや行動をしたり、私が知らない世界を知っている分、刺激的で面白かったりする所はあるので、その辺りはまた書かせて頂きます。

 

交際半年、彼の一言が再び私を悩ませるようになった


付き合い始めて、半年くらいのことでした。突然、彼がこんなことを言い出したのです。

 

俺は日本が大好きだし、日本企業に就職したけど、ずっと日本に居たくはない。

 

どんなことがあってもついて行くとは今すぐには言えない。

 

そう言うと、彼が追い打ちをかけるように、

 

無理なら早めに別れたほうがいい。

 

元々海外に興味があるわけでもなかったし、前の彼氏と別れた理由の1つに、銀行マンで転勤族になるのが嫌だということもあった私にとって、彼の言ったことは受け入れがたいものでした。

 

それでも彼と一緒にいたいという気持ちが強く、最終的には彼についていく決意をしました。ちなみにその後、彼に海外に連れて行ってもらったり、彼の話を聞いているうちに、私自身が早く海外に行きたいという気持ちになってしまいました。今では、「いつになったら、海外に連れてってくれんの?」と逆に彼に言ったりしています。

 

あわせて読みたい

結婚までの道のりにあった両親との対面

 

スポンサーリンク

あごながおじさんの一言

国内転勤すら嫌だったのに、海外転勤OKになるなんて・・・。やっぱり愛の力ってすごい!
スポンサーリンク

ご参考になりましたらシェアお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA