TOEICを400点から900点に伸ばした勉強法まとめ

会社の試験でTOEICの勉強しなくちゃいけないんだけど、勉強方法がわからないなぁ。

TOEICの勉強を始めようとしているけれども、何から始めればいいのかわからないという人は多くいると思います。そこで、ここではTOEICの勉強法についてまとめてみたいと思います。

僕自身、初めてTOEICを受験した時の点数は400点程度だったのですが、勉強を続けた結果900点を超えるスコアを取ることができました。500点近く点数を上げるのに役立った勉強法を紹介しますので、みなさんの英語学習に役立てて頂ければ幸いです。

TOEIC学習は、TOEIC対策アプリスタディサプリENGLISH『TOEIC対策コース』がおすすめです!

スタディサプリENGLISHのTOEIC対策コースであれば、このページでも紹介しているリスニングやリーディングの勉強法を実践することができますので、是非試してみてください。

今なら1週間無料体験を受けることができます。

スポンサーリンク

点数を上げるにはTOEICで重要なことを勉強する

TOEICはリスニング100問とリーディング100問の計200問から成るテストです。当然のことですが、リスニングとリーディングを中心に勉強していくことが点数アップに直結します。

TOEICで重要な能力
  1. リスニング力
  2. リーディング力
リスニング力とリーディング力をつけるためのトレーニングをしていけばいいんだね!

それでは具体的な勉強法を説明していきます。TOEICにおけるリスニング力リーディング力の2つの力つけるために有効な勉強法は以下の通りです。

リスニング力をつける勉強法
  1. 発音
  2. リピーティング
  3. シャドーイング
  4. 多聴
リーディング力をつける勉強法
  1. 単語
  2. 文法
  3. 精読
  4. 多読
トレーニングの種類が多すぎない?どれから始めればいいのかわからないよ・・・

これらの勉強法を自分の学習段階に合わせてやっていくことが望ましいです。なので、ここでは英語初期・中期・後期に分けてそれぞれ行うべきトレーニングをまとめていきたいと思います。

TOEIC 初期の勉強法

英語の基礎を身につける初期段階は、座学が多いためここで早くも挫折してしまう人がたくさんいます。しかし、基礎をしっかりと抑えることでTOEICの点数は飛躍的に伸ばすことができます。それだけではなく、英語がわかるようになり英語学習自体が楽しくなります。英語学習初期にやるべきことは以下のとおりです。

TOEIC初期の勉強法
  1. 発音
  2. 単語
  3. 文法

それでは、どのように学習すればいいのかを詳しくみていきましょう。

発音

英語の発音とリスニングは深い関係にあります。それにも関わらず、発音学習を疎かにしている人が意外に多い気がします。詳しいことは、こちらの記事(英語の発音の勉強法)にまとめましたのでご一読ください。

発音で定評のある教材はCDでマスター 英語の発音が正しくなる本です。発音をしっかりしないと点数が伸び悩むケースが多いので、しっかり声に出して英語の発音を覚えるようにしてください。

また、英語はある一定のルールによって発音が変化する場合があります。そのため、個々の発音だけではなく、音声変化についてもしっかり学んでおきましょう。

単語

単語ってどう覚えればいいんだろう?

ここでは、僕が実践していた単語の覚え方を紹介したいと思います。

  1. まずは一通り(100単語)CDを聞きながら単語帳を進める
  2. 知らない単語は蛍光マーカーでチェックを入れる
  3. 意味がわかる単語でも発音が間違っていた場合はチェックする
  4. 2周目からは蛍光マーカーを引いた箇所を中心に単語を覚える
  5. 英単語の意味と発音をマスターしたらOK印を入れる
  6. すべて完全にマスターしたら次の100単語に進む
  7. 定期的にメンテナンスする

それでも覚えられない単語が出てくるときは、ノートを半分に折って、英単語とその単語の意味を書いてクイズ形式で単語を覚えるようにしていました。

英単語帳
わからない単語だけをノートに書いていくことで、自分だけの単語帳を作ることができるんだね!

僕は単語だけではなく、熟語や言い回しも同じような方法で習得しました。発音ごとマスターすることで記憶への定着を図るだけではなく、リスニング力の向上を望むことができます。また、きちんと発音ができるようになると文章を読むスピードも格段上がります。

発音がわからないとアルファベット読みになったりして、無駄に時間がかかっちゃうもんね。

英単語の覚え方10選!自分に合った方法で効率よく勉強しよう。

2018.07.10

TOEICでおすすめの単語帳をタイプ別にまとめて紹介!

2018.02.15

文法

英文法は今あなたがどのレベルにいるかによって、使うべき文法書が大きく異なってきます。

ただ、僕はどんな英語学習者にも1億人の英文法を一読して欲しいと思っています。その理由の1つは、学校で習ったような堅苦しい英文法から脱却して、イラストを多用し、誰でも理解できるようにわかりやすく解説されているからです。

「1億人の英文法」を読むと文法って意外と簡単な法則でできていることがわかってびっくりするよ。学校で習った文法って暗号を暗記するみたいな感じだったからなぁ。

と言いつつも、1億人の英文法はスピーキングやリスニングといった話すための英文法に焦点が置かれた参考書です。また、TOEICに出題されない範囲も載っています。なので、TOEICに限定して効率の良い勉強がしたいという人は、【初心者向け】TOEICでおすすめの英文法参考書・問題集を参考にして、テキストを選ぶようにしてください。

TOEICのPART5,6は、知識があるかないかが勝負となってきます。また、時間をできるだけかけずに問題を解き、PART7の読解問題に余力を残しておくのが理想です。そういった意味で文法の基礎知識がある人がPART5,6対策として何をすればいいかというと、とにかく問題演習をやることです。問題演習をやり答え合わせをして、わからないところは参考書をみたり、人に聞いたりして理解を深めてください。問題演習を繰り返していくことで、新たな知識を得たり、ミスを最小限にとどめることができるようになってきます。

スポンサーリンク

TOEIC 中期の勉強法

英語学習中期では、声に出すトレーニングが多くなリます。英語中期学習では、以下のトレーニングをしていきます。

英語学習中期
  1. リピーティング
  2. 精読
  3. シャドーイング

それでは、詳しくみていきましょう。

リピーティング

リピーティングはリスニング力を格段に上げることができる勉強方法です。リピーティングトレーニングをするのに必要なものは、短文を読み上げてくれる教材です。TOEIC公式問題集のPART2はリピーティングをするのに最適な教材です。

リピーティングのやり方
  1. CDが英語の短文を読み上げる。
  2. CDが短文を読み上げた後、それをそっくりそのまま復唱する。
  3. 完全にコピーできるようになるまで繰り返す。

非常に簡単なトレーニングですが、やってみると難しいことがわかります。僕の場合、1つの文の発音やイントネーションを全て完璧にするまで何十回もトレーニングしました。例を挙げておきます。

When does Stan start his new job?
引用元:TOEICテスト新公式問題集〈Vol.4〉

この場合、StanとStartの「a」の発音は異なります。CD音声をじっくり聞いて、その違いを感じながら声に出してみてください。自分の声に出して発音の違いを確かめることによって、音声を聞いた時にも発音の区別ができるようになります。

聞こえる音を1つずつ増やしていくことでリスニング力が上がってくる!

精読

精読とは、単語や文法、文構造や発音をチェックして正確に英文を理解する作業のことです。大学受験を経験した人は、授業などで1文ずつ詳しく品詞分解をしたりして、解説してもらった経験があるのではないでしょうか。精読では、次の3つを明らかにします。

精読で明らかにする3つのこと
  1. 語彙の意味・品詞・発音
  2. 文構造(主語と動詞、そして目的語・補語・修飾句など)
  3. 文法・構文

語彙の意味・品詞・発音

語彙の意味を知ることは、英文を読んでいく上で必要不可欠です。そのために単語帳をしっかりやっておいてください。初期の勉強法で挙げた単語帳3冊をやっておけば、TOEICのテストにおいてわからない単語はほとんどでてきません。

文構造

文構造を見抜くことができると、リスニング時・リーディング時に理解できるスピードが上がリます。主語・動詞・目的語・補語・修飾句などの文構造をチェックしていきましょう。

文構造のチェックは、ノートに直接、主語「S」、動詞「V」、目的語「O」、補語「C」と書き、修飾句は( )でくくったりして自分専用の精読教科書をつくっていくといいでしょう。

文法・構文

わからない文法があったら、都度参考書を読んで理解を深めるようにしてください。

精読はすべてを理解するまでやることが大事です。膨大な時間がかかってしまいますが、精読をやることで確実にリーディング力を上げることができます。

シャドーイング

聞き取った英語をそっくりまねて口に出し、CDの音声に影のようについていく学習法がシャドーイングです。発音やリピーティングでしっかり力をつけてからでないとネイティブのスピードについていくのは非常に難しいです。しかし、TOEICの音声であれば、そこまで早くないので早い段階からやってもいいかもしれません。

シャドーイングトレーニングもリピーティングと同じく、発音やイントネーションまで完璧にCDをコピーし、かつ表現を覚えてしまうくらいまで繰り返し練習してください。TOEIC公式問題集のPART3,4は、シャドーイングをするのに適した教材です。

シャドーイングの詳しいやり方や効果は、こちらの記事(シャドーイングは英語力アップに効果大!やり方やおすすめ教材は?)にまとめましたのでどうぞ。

TOEIC 後期の勉強法

一通り土台をつくり、トレーニングを終えた後は、とにかく多くの英語に触れることが大切です。英語学習後期までくれば、好きな英語の番組を視聴したり、洋書を読むことだけで爆発的に英語力を高めることができるようになります。

英語学習後期
  1. 多聴
  2. 多読

多聴

シャドーイングに慣れてきたら、あとはひたすら英語のシャワーを浴びる段階に入ってきます。今までのトレーニングでは、「1つの音声を完全にコピーする」ことが大切でした。多聴では、シャドーイングで利用した教材を繰り返し聞いたり、いろんな英語を聞いて、たくさんの英文に触れるようにしてください。別にTOEICの問題集じゃなくてもいいのではないかと思います。自分の好きなものでかつある程度理解できるものがいいでしょう。

TOEICの問題集だけを、朝家を出てから、会社・学校に行くまで、休み時間、帰り道、風呂の中、就寝前と、耳にタコができるまで英語を聞き続けると確実におかしくなってしまうので注意しよう。

TOEIC以外でもいいので、1日英語を聞きまくりましょう。英語漬けの生活になると、夢の中でも日本語ではなく英語を話す自分が出てくるようになります。

英語漬けになる教材としてアメリカの長期休み以外平日毎日PodcastにアップされるCNN student newsやアルクのNo.1英語教材、1000時間ヒアリングマラソンもいいでしょう。映画で英語の勉強をするのもありだと思います。

多読

単語や文法をきちんと学び、精読もやっているのであれば、あとは多くの英語に触れることが大切です。精読で身につけた文構造にたくさん触れる機会を持ちましょう。TOEICのPART7はそこまで難しい文章はありません。僕は多読教材の1つとして、TOEICのPART7に特化した分厚い参考書もやりました。

一通りやったあとは、GRと呼ばれる英語学習者向けに書かれた小説を読みました。レベル別に分かれているので、自分のレベルに合った平易な文章で書かれた小説を楽しみながら読みました。他にも、大学にある英語の文献を読んだり、英語のニュースを読んだり、アメリカから本を輸入して多読しました。特に僕はスポーツが好きなので、四六時中スポーツ記事を英語で読んでいました。わからない部分もたくさんあったので、たまにきちんと精読して読む時間をつくったりしました。そうすることで、単語がわからないのか、文構造が見抜けていないのか、文法がわからないのかという原因をはっきりとさせることができました。

TOEICのPART別対策・勉強法

各パートで必要な問題を解くテクニックや、勉強法は別の記事でまとめていますのでご参照ください。

まとめ|TOEIC直前にすべき対策と勉強法

やることは多いけど、なんかTOEICの点数上がりそう!

今日紹介したTOEICの勉強法がこれからTOEICの勉強に取り組もうとしている人や実際に取り組んでいるが伸び悩んでいる人の参考になれば幸いです。トイックが500、600、700、800点取ることができる人にはもちろん、今は100、200、300点しかとれない人にも自信を持ってオススメできる学習法ですので是非参考にしてみてください。

TOEIC受験まで時間がないんだけれども、どうすればいい?

時間がない人は、大学受験で赤本をやったように、TOEICでは公式問題集をやってください。試験前に公式問題集を解いておくことで、問題に慣れたり、時間配分を考えることができます。試験直前にTOEICの問題集をやるかやらないかで結果は大きく変わってきます。

TOEIC学習は、TOEIC対策アプリスタディサプリENGLISH『TOEIC対策コース』がおすすめです!

スタディサプリENGLISHのTOEIC対策コースであれば、このページでも紹介しているリスニングやリーディングの勉強法を実践することができますので、是非試してみてください。

今なら1週間無料体験を受けることができます。

スポンサーリンク

ご参考になりましたらシェアお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA